アブラゼミ・・・

アブラゼミ・・・
公園では、アブラゼミが激しく鳴いていました。
アブラゼミという名前の由来は、翅が油紙を連想させるため又
鳴き声が油を熱したときに撥ねる音に似ているため、
「油蝉(アブラゼミ)」と名付けられた説などがあるとの事です。
22-8-12-1.JPG

アメンボウ・・・

アメンボウ・・・
沢山なアメンボ優雅にすいすいと動いていました。
アメンボが水面を自由に移動できるのは、約40mgと
いう軽い体と特殊な足があるからです。
アメンボの足は4本足に見えますが、昆虫なので6本足。
水面を進む時は、一番長い中足をオールのように使い、
後ろ足を舵のように使って方向を決めています。
実は、この中足と後足の先には細かい毛がたくさん生えており、
体内から油が染み出ているので水をはじくのです。
22-7-28-1.JPG
22-7-28-2.JPG